サイトマップ
 
  HOME > サポート > Windows Vista 対応状況について
 
Windows Vista™ 対応状況について

 
2006.12.27掲載
2007.03.09更新

■概要
三洋デジタルオーディオ商品につきまして、マイクロソフト社の新OS、Windows Vista™への対応状況をご案内します。
対応状況は随時更新しておりますが、今後変更となる場合がありますのでご了承ください。
なお、本ページの対応表は2007年3月時点のものです。
それ以降に発売した商品はWindows Vista™に標準対応となりますので、表には含まれません。
※(32bit版日本語OSに限定します。64bit版は動作保証外となります)

【ご注意】
現在パソコンにインストールされているOSをWindows Vistaへアップグレードされた場合や、デュアルブート環境では動作保証致しません。
対応予定のエディションは下記の通りです。
- Windows Vista™ Home Basic
- Windows Vista™ Home Premium
- Windows Vista™ Business
- Windows Vista™ Ultimate
※ 64ビット版は非対応となります。


●ICレコーダー(HDRシリーズ/ICRシリーズ)

SANYOICレコーダーとパソコンのUSB接続について、ご案内いたします。

○:対応(OSに含まれる標準ドライバで動作可能)
×:非対応

機種名
対応状況(PC接続)
ICレコーダー
HDRシリーズ/ICRシリーズ
HDR-B5GM
ICR-PS285RM
ICR-S340RM
ICR-S310RM
ICR-S300RM
ICR-S290RM
ICR-S280RM
※1
ICR-S278RM
※1
ICR-S277RM
※1
ICR-S270RM
ICR-S260RM
ICR-S250RM
ICR-S240RM
ICR-S190M
ICR-S178M
ICR-S177M
ICR-S170M
ICR-RS175M
ICR-RB100RM
ICR-B181M
ICR-B150
×※2
ICR-B90RM
ICR-B80RM
※1 インターネット上の音楽配信サイトで購入したDRM(著作権保護管理)付きのWMAファイルを転送して再生するには、パソコン接続モードを「MTP」に設定する必要があります。
※2 音声を記録したマルチメディアカードやSDカードをパソコン側のカードスロットやカードリーダーに接続し、音声データをパソコンに保存・再生することはできます。(音声再生用のLD-ADPCMドライバのインストールが必要です。入手先はこちら

●デジタルミュージックプレーヤー(HDPシリーズ/DMPシリーズ/SSPシリーズ)

SANYOデジタルミュージックプレーヤーとパソコンのUSB接続について、ご案内いたします。

○:対応(OSに含まれる標準ドライバで動作可能)
×:非対応

機種名
対応状況(PC接続)
デジタルミュージックプレーヤー
HDPシリーズ
DMPシリーズ
SSPシリーズ
HDP-M3000
※3
DMP-M700
DMP-M600
DMP-M400SD
※4
SSP-PD20
×
SSP-PD15
×
SSP-PD10
×
SSP-PD9
×
SSP-PD7
×
SSP-PD5
×
SSP-HP7
×
SSP-PD77R
×
※3 インターネット上の音楽配信サイトで購入したDRM(著作権保護管理)付きのWMAファイルを転送して再生するには、パソコン接続モードを「MTP」に設定する必要があります。
※4 インターネット上の音楽配信サイトで購入したDRM(著作権保護管理)付きのWMAファイルを転送して再生することはできません。

●アプリケーションソフトウェア

○:対応(ダウンロードページに公開中のバージョンで動作可能)
×:非対応

ソフト名
対応状況
MusicFileMaster Ver1.10 (HDR-B5GM用)
MusicFileMaster Ver2.03 (HDP-M3000/DMP-M700/DMP-M600用)
Liquid Player for SANYO
×
Music Voyager
×
MMC/SDカードフォーマットツール (ICR-B150用)
×
USBマイクソフト (ICR-S290RM用)
×
ICレコーダー音声ガイドダウンロードツール

 

 

このページの上へ
サイトマップ