サイトマップ
 
  HOME > サポート > デジタルボイスレコーダー > よくあるご質問(機種選択) > ICR-S300シリーズ(購入後)
 
サポート・お問い合わせ

 
  ▲サポートTOPに戻る

■サポート情報

デジタルボイスレコーダー

基本操作ガイド

Q&A−よくあるご質問
  ・最近多い問い合わせ
  ・機種別

用語集

ダウンロード

アクセサリー
外部メモリーカード対応一覧
お問い合わせ
 
基本操作ガイド ICR-S300シリーズ 購入後よくあるご質問 購入前

対象機種:ICR-S340RM / ICR-S310RM / ICR-S300RM
音声(VOICE)の録音・再生について
Q1 録音ができなくなりました。
Q2 録音した内容を再生すると、音が途切れています。
Q3 パソコンに保存した音声ファイルをVOICE_ICフォルダに戻したところ、本体でファイル数が『0/0』表示となり再生できません。
Q4 録音したファイルを本体で分割しようとするとエラー表示になります。
Q5 miniSDカードの内容を再生・録音中に画面表示がハングアップし、電源が切れなくなりました。
音楽(MUSIC)の再生について
Q1 音楽CDをパソコンに取り込み、ボイスレコーダーに転送して聴きたいのですが。
Q2 音楽の再生順序を指定したいのですができますか?
Q3 パソコンでMUSIC_ICフォルダ(またはMUSIC_SDフォルダ)に音楽ファイルを転送したところ、ボイスレコーダー本体でファイル数が『0/0』表示になり再生できません。
Q4 パソコンでMUSIC_ICフォルダ(またはMUSIC_SDフォル)に転送した音楽ファイルが、ボイスレコーダー本体で”-m--s” の時間表示になり再生できません。再生を開始するとスキップ(曲送り)されてしまいます。
Q5 miniSDカードに転送した音楽ファイルを再生中に画面表示がハングアップし、電源が切れなくなりました。
パソコン接続について
Q1 録音した内容をパソコンに保存したいのですが。
Q2 録音した内容をCD-R(W)にコピーしてオーディオ機器で再生したいのですが。
Q3 録音した音声を、パソコン上で音声認識ソフトを使って文章化することは可能ですか?
Q4 録音した内容をPC上で、E-mailの添付ファイルで送信しようとするとエラーになり届きませんでした。

Q5

音楽CDをパソコンに取り込み、ボイスレコーダーに転送して聴きたいのですが。
Q6 パソコンに保存した音声ファイルをもう一度VOICEフォルダに戻しましたが、再生できません。
miniSDカード・電池について
Q1 miniSDカードには何MByteまで対応しているのでしょうか?
Q2 miniSDカードに録音できる時間は?
Q3 他の機器に接続して使用していたminiSDカードを使用することはできますか?
Q4 miniSDカードの内容を再生中・録音中に画面表示がハングアップし、電源が切れなくなりました。
Q5 充電池を利用したいのですがどの電池を使用すればいいですか。
Q6 電池交換の際の注意点を教えてください。
その他全般
Q1 本体をフォーマットしてしまい、音声ガイドが使えなくなりました。
Q2 ラジカセやテレビの音声を録音したいのですが。
Q3 電話の内容を録音したいのですができますか?
 
   
 
   
 
 
 
 音声(VOICE)の録音・再生について 回答
   
Q1 録音ができなくなりました。
A1 メモリ上にエラーが発生していることが考えられます。一度パソコンでスキャンディスクを行ってください。
<スキャンディスクの方法>
1. ボイスレコーダーを接続した状態で「マイコンピュータ」を開く。
2. 「リムーバブルディスク」の上で右クリックし、「プロパティ」をクリックする。
3. 「ツール」タブを選択し、「エラーチェック」(※)の「チェックをする」を実行する。
  ※オプションの設定項目では、「エラーを自動的に修復する」にチェックを入れてください。
※OSによっては表記が異なります(例/Windows2000:「エラーチェック」→「チェックディスク」)
 
スキャンディスクを行っても状態が改善されない場合は、取扱説明書をご覧いただき、本体でメモリの初期化(フォーマット)を行ってください。なおその際、保存してあるデータはすべて消去されますので、必要なデータはパソコンにバックアップを取っておいてください。
フォーマットは必ず本体で行ってください。パソコン上でフォーマットすると、本体が正常に動作しない場合があります。もしパソコンでフォーマットを行ってしまった場合は、必ず本体フォーマットを行って下さい。
   TOP に戻る
 
Q2 録音した内容を再生すると、音が途切れています。
A2
"VAS(音声起動録音)"がONに設定されていないかどうか確認してください。VASの設定によって、液晶画面が以下のように表示されます。


VASがONになっていると、無音部分(音声が感知できない時に)で録音が一時停止しますので、正常に録音が行われない場合があります。その場合は取扱説明書の『VAS:音声起動録音設定について』を参考に、VAS設定をOFFに切り替えてください。
   TOP に戻る
 
Q3 パソコンに保存した音声ファイルをVOICEフォルダに戻したところ、本体でファイル数が『0/0』表示となり再生できません。
A3
パソコン上でファイル名を変更しませんでしたか? 録音した音声ファイルの名前を変更すると、VOICEフォルダに戻しても再生できません。名前を変更した音声ファイルを再生する場合は、MUSICフォルダに転送してください。
<ファイル名を変更していない場合>
録音したフォルダに戻しているか確認してください。Bフォルダで録音した音声データを他のフォルダ(A・C・D)に戻しても再生できません。また、miniSDカードのVOICEフォルダに記録した音声データは内蔵メモリのVOICEフォルダに戻しても再生できません(逆の場合も同様です)。
   TOP に戻る
 
Q4 録音したファイルを本体で分割しようとするとエラー表示になります。
A4 ICR-S300シリーズでは、録音時間が短すぎるとファイル分割できません。ファイル分割を行うのに必要な録音時間は、録音モードによって以下の通りとなります。

 ・LPモード  録音時間が約32秒以上
 ・SPモード  録音時間が約16秒以上
 ・HQモード  録音時間が約8秒以上
 ・XHQモード  録音時間が約4秒以上

また、本体のメモリ容量がFullの時はファイル分割できません。不要なデータを削除、またはパソコンにバックアップをしてメモリの空き容量を確保してから、ファイルを分割を行ってください。
   TOP に戻る
 
Q5 miniSDカードの内容を再生・録音中に画面表示がハングアップし、電源が切れなくなりました。
A5 miniSDカードの内容をパソコンにバックアップした後、取扱説明書をご参考にボイスレコーダー本体でカードのフォーマットを行ってから再度お試しください。

なお、ICR-S310RM/S300RMをお使いの場合、一部の機種においてminiSDカードを使って再生・録音中に、
 ・画面表示がハングアップしてボタン操作を受け付けない。
 ・本体がフリーズして電源が切れない
などの症状が発生する場合があります。この問題はファームウェア(本体内部ソフトウェア)のアップデートを行うことで改善されますので、下記リンクよりファームアップ対象機でないかどうかご確認ください。

 ICR-S310RMファームウェアアップデート(Ver1.01)

 ICR-S300RMファームウェアアップデート(Ver1.10)
   TOP に戻る
   

 
 音楽(MUSIC)の再生について 回答
   
Q1 音楽CDをパソコンに取り込み、ボイスレコーダーに転送して聴きたいのですが。
A1

音楽CDの取り込み方法、および取り込んだ音楽ファイルの転送方法については、下記リンク先の「Tips2:ボイスレコーダーで音楽を聴きたい」をご覧ください。

 ボイスレコーダー基本操作ガイド

   TOP に戻る
 
Q2 音楽の再生順序を指定したいのですができますか?
A2 プレイリストファイルを作成することで、音楽ファイルの再生順序を指定することができます。詳しくは下記リンクをご覧ください。

 プレイリストを作成して音楽ファイルの再生順序を指定する
   TOP に戻る
 
Q3 パソコンでMUSIC_ICフォルダ(またはMUSIC_SDフォルダ)に音楽ファイルを転送したところ、ボイスレコーダー本体でファイル数が『0/0』表示になり再生できません。
A3 音楽ファイルの転送先が誤っている事が考えられます。ボイスレコーダーをパソコンに接続し、[ マイコンピュータ ] - [ リムーバブルディスク ] - [ MUSIC ]フォルダの順に開いて、その中に音楽ファイルが転送されていることをもう一度確認してください。MUSIC_ICフォルダ以外の場所に音楽ファイルが転送されている場合、ボイスレコーダーはファイルを見つける事ができません。
また、ICR-S300シリーズのフォルダ再生機能は、MUSICフォルダ以下1階層までです。MUSIC_ICフォルダ内に2階層以上のフォルダを作成してその中に音楽ファイルを転送した場合は再生できません。

ボイスレコーダーでの再生 MUSICフォルダ内のフォルダ/ファイル構成 
MUSIC_ICフォルダ\音楽ファイル
MUSIC_ICフォルダ\フォルダ1\音楽ファイル
× MUSIC_ICフォルダ\フォルダ1\フォルダ2\音楽ファイル
   TOP に戻る
 
Q4 パソコンでMUSIC_ICフォルダ(またはMUSIC_SDフォル)に転送した音楽ファイルが、ボイスレコーダー本体で”-m--s” の時間表示になり再生できません。再生を開始するとスキップ(曲送り)されてしまいます。
A4 DRM(著作権保護)付きのWMAファイルを転送していませんか? ICR-S290RMで再生できる音楽ファイルは、MP3ファイルまたはDRMなしのWMAファイルです。Windows Media® Playerの設定によっては、音楽CDから取り込んだ時にDRM付きのWMAファイルが作成されますので、下記リンク先の基本操作ガイド「Tips2:音楽CDからボイスレコーダーで再生できる音楽ファイルを作成する」を参照し、Windows Media® Playerの設定を確認してください。

 ボイスレコーダー基本操作ガイド
   TOP に戻る
 
Q5 miniSDカードに転送した音楽ファイルを再生中に画面表示がハングアップし、電源が切れなくなりました。
A5 miniSDカードの内容をパソコンにバックアップした後、取扱説明書をご参考にボイスレコーダー本体でカードのフォーマットを行ってから再度お試しください。

なお、ICR-S310RM/S300RMをお使いの場合、一部の機種においてminiSDカードを使って再生・録音中に、
 ・画面表示がハングアップしてボタン操作を受け付けない。
 ・本体がフリーズして電源が切れない
などの症状が発生する場合があります。この問題はファームウェア(本体内部ソフトウェア)のアップデートを行うことで改善されますので、下記リンクよりファームアップ対象機でないかどうかご確認ください。

 ICR-S310RMファームウェアアップデート(Ver1.01)

 ICR-S300RMファームウェアアップデート(Ver1.10)
   TOP に戻る
   

 
 パソコン接続 − 回答
   
Q1 録音した内容をパソコンに保存したいのですが。
A1 ICR-S300シリーズで録音した音声ファイルは、Windowsのエクスプローラを使ってパソコンに保存することができます。操作方法について詳しくは下記リンク先の基本操作ガイド「Tips1:パソコンに保存する」をご覧ください。

 ボイスレコーダー基本操作ガイド
   TOP に戻る
 
Q2 録音した内容をCD-R(W)にコピーしてオーディオ機器で再生したいのですが。
A2 ICR-S300シリーズで録音した音声ファイルをCD-Rにコピーするには、CD書き込みができるソフトウェアが必要です。弊社ではマイクロソフト社より提供されているWindows標準のマルチメディアプレーヤー「Windows Media® Player」を推奨していますので、下記リンク先の基本操作ガイド「Tips1:CD-Rにコピーする」をご覧ください。

 ボイスレコーダー基本操作ガイド

なお、お客様がお使いの各CDライティングソフトウェアでの操作方法や、操作中に発生したエラーなどについては、弊社ではサポート致しかねます。各ソフトウェアメーカーまでお問い合わせください。
   TOP に戻る
 
Q3 録音した音声を、パソコン上で音声認識ソフトを使って文章化することは可能ですか?
A3 ICR-S300シリーズは音声認識ソフトには対応しておりません。
   TOP に戻る
 
Q4 録音した内容をPC上で、E-mailの添付ファイルで送信しようとするとエラーになり届きませんでした。
A4 録音した音声データは、録音モードと録音時間に比例してファイルの容量が大きくなります。その場合、送信・受信する側ともに、高速のインターネット環境が整っていないと転送に時間がかかりますので、送信される場合は、予め受信側の環境をご確認ください。
また、メールに添付可能なファイルの容量には上限があります。ファイル容量が大きいとメールに添付して送信できませんので、あらかじめ本体でファイルを分割するなどして、ファイル容量を小さくして添付してください。


添付できるファイル容量については、ご利用されているプロバイダ会社にお問い合わせください。
   TOP に戻る
 
Q5 音楽CDをパソコンに取り込み、ボイスレコーダーに転送して聴きたいのですが。
A5 音楽CDの取り込み方法、および取り込んだ音楽ファイルの転送方法については、下記リンク先の「Tips2:ボイスレコーダーで音楽を聴きたい」をご覧ください。

 ボイスレコーダー基本操作ガイド
   TOP に戻る
 
Q6 パソコンにバックアップした音声ファイルをもう一度VOICEフォルダに戻しましたが、再生できません。
A6
パソコン上でファイル名を変更しませんでしたか? 録音した音声ファイルの名前を変更すると、VOICEフォルダに戻しても再生できません。名前を変更した音声ファイルを再生する場合は、MUSICフォルダに転送してください。
<ファイル名を変更していない場合>
録音したフォルダに戻しているか確認してください。Bフォルダで録音した音声データを他のフォルダ(A・C・D)に戻しても再生できません。また、miniSDカードに記録した音声データは内蔵メモリに戻しても再生できません(逆の場合も同様です)
   TOP に戻る
   

 
 miniSDカード・電池について − 回答
   
Q1 miniSDカードには何MB(メガバイト)まで対応しているのでしょうか?
A1 16MB〜1GBのminiSDカードをお使いいただけます。詳しくは下記ページをご覧ください。

デジタルボイスレコーダー・外部メモリカード対応について
   TOP に戻る
 
Q2 miniSDカードに録音できる時間は?
A2 16MB〜1GBのminiSDカードに記録可能な時間を、下記のページにてご案内しています。

デジタルボイスレコーダー・外部メモリカード対応について
   TOP に戻る
 
Q3 他の機器に接続して使用していたminiSDカードを使用することはできますか?
A3 使用できますが、録音を行うにはminiSDカードの容量に空きが必要です。また、miniSDカードは「FAT」でフォーマットされているものを推奨いたします。「FAT32」など、他のファイルシステムでフォーマットされたminiSDカードを使用すると本機が正常に動作しない場合があります。
   TOP に戻る
 
Q4 miniSDカードの内容を再生中・録音中に画面表示がハングアップし、電源が切れなくなりました。
A4 miniSDカードの内容をパソコンにバックアップした後、取扱説明書をご参考にボイスレコーダー本体でカードのフォーマットを行ってから再度お試しください。

なお、ICR-S310RM/S300RMをお使いの場合、一部の機種においてminiSDカードを使って再生・録音中に、
 ・画面表示がハングアップしてボタン操作を受け付けない。
 ・本体がフリーズして電源が切れない
などの症状が発生する場合があります。この問題はファームウェア(本体内部ソフトウェア)のアップデートを行うことで改善されますので、下記リンクよりファームアップ対象機でないかどうかご確認ください。

 ICR-S310RMファームウェアアップデート(Ver1.01)

 ICR-S300RMファームウェアアップデート(Ver1.10)
   TOP に戻る
 
Q5 充電池を利用したいのですがどの電池を使用すればいいですか。
A5 アルカリ電池ではなく充電式電池をご使用になる場合は、「ニッケル水素電池」をご使用ください。それ以外の電池をご使用になりますと液漏れや破裂、発熱の原因となります。
なお、「ニッケル水素電池」を使用した場合、アルカリ電池に比べて電池の持ち時間が短くなるとともに(約7割)、電池残量マークが正常に表示されない場合があります。
   TOP に戻る
 
Q6 電池交換の際の注意点を教えてください。
A6 本機は、電池切れで電池交換を行う際に約5分電池を外したままの状態にすると、設定したカレンダ設定がリセットされる場合があります。リセットされた場合は本体の電源を入れた時に、工場出荷時の日時が『点滅表示』されますので、もう一度設定しなおしてください。

※ 5分は計測値であり、気温などの環境で変化する場合があります。
※電池切れで本体の電源が落ちた後、電池を入れたままの場合は上記の限りではありません。
   TOP に戻る
   
 
 その他全般 回答
   
Q1 本体をフォーマットしてしまい、音声ガイドが使えなくなりました。
A1 付属のCD-ROMを使用して音声ガイドを再ダウンロードできます。

■CD-ROMから音声ガイドをダウンロードするには

1. ボイスレコーダーをパソコンに接続します。
2. パソコンに付属のCDーROMを挿入してください。
3. 「Stereo Digital Voice Recorder セットアップ」が起動しますので、「音声ガイドダウンロード」をクリックします。音声ガイドのダウンロードプログラムが起動しますので、ダウンロード先にボイスレコーダー(リムーバブルディスク)のドライブ番号を選択して「実行」をクリックします。
4. 「ダウンロード完了」のメッセージが表示されたら、「終了」ボタンをクリックしてソフトウェアを終了してください。

CD-ROMがお手元にない場合は、以下のリンクより各機種の音声ガイドデータをダウンロードしてご利用ください。

 ICR-S340RM 音声ガイドデータダウンロード

 ICR-S310RM/ICR-S300RM 音声ガイドデータダウンロード
   TOP に戻る
 
Q2 ラジカセやテレビの音声を録音したいのですが。
A2
外部機器の音声をボイスレコーダーに録音する場合は、市販のオーディオケーブルなどで外部機器のヘッドホン端子とボイスレコーダーのマイク端子を接続して録音されることをご推奨いたします。詳しくは下記リンク先の「Tips3:テレビやラジカセの音声を録音する」をご覧ください。

 ボイスレコーダー基本操作ガイド
   TOP に戻る
 
Q3 電話の内容を録音したいのですができますか?
A3
はい、可能です。別売の電話録音キット「KA-TA-400」をご利用いただくことで、家庭用電話の音声を録音する事ができます。電話との接続・録音方法について、詳しくは下記リンク先の「Tips3:電話の内容を録音する」をご覧ください。

 ボイスレコーダー基本操作ガイド

■KA-TA-400ご使用上のご注意
「KA-TA-400」は一般の家庭用固定電話のみ対応です。
ビジネスホンや携帯電話ではご利用いただけません。
付属のケーブルはモノラルです。
   TOP に戻る
   
 

このページの上へ
サイトマップ