サイトマップ
 
  HOME > サポート > ICレコーダー > よくあるご質問(機種選択) > ICR-PS1000M(購入前)
 
サポート・お問い合わせ

 
  ▲サポートTOPに戻る

■サポート情報

ICレコーダー

基本操作ガイド

Q&A−よくあるご質問
  ・最近多い問い合わせ
  ・機種別

用語集

ダウンロード

アクセサリー
外部メモリーカード対応一覧
お問い合わせ
 
基本操作ガイド ICR-PS1000M 購入前よくあるご質問 購入後

対象機種:ICR-PS1000M
一般情報・機能について
Q1 ICR-PS1000Mの特長はなんですか。
Q2 動作環境 (対応パソコン・OSについて教えてください)
Q3 電池持続時間は?
Q4 AC電源に対応していますか?
Q5 充電池は利用できますか?
Q6 オキシライド電池は使用できますか?
Q7 USB 2.0 HI-SPEED に対応していますか?
Q8 時計機能はありますか?
Q9 ホールド(誤動作防止)機能はついていますか?
Q10 音声ガイド機能について詳しく教えてください。
Q11 付属品・別売品について教えてください
Q12 セキュリティ機能について教えてください。
録音全般
Q1 録音形式(どんな種類の音声方式で録音するのですか?)
Q2 録音可能なファイル数・フォルダ数は?
Q3 音声を記録できる時間を教えてください。
Q4 外部マイクは使用できますか?
Q5 予約録音はできますか?
Q6 録音中の音を聞くことはできますか?
Q7 マイク感度(録音レベル)は変更できますか?
Q8 録音レベルメーターはありますか?
Q9 録音日時は残りますか?
Q10 外部機器と接続して録音するダイレクトエンコーディングは可能ですか?
Q11 ダイレクトエンコーディングの際、自動分割機能はありますか?
Q12 リニアPCM録音とMP3録音の違いを教えてください。
Q13 ローカットフィルター機能はありますか?
Q14 録音ピークリミッターには対応していますか?
Q15 セルフタイマー録音はどのような機能ですか?
Q16 録音EQとはどのような機能ですか?
再生全般
音声(VOICE)再生
Q1 再生速度は変更できますか?
Q2 少し前再生機能はありますか?
Q3 インデックスサーチ機能はありますか?
Q4 クリアボイス再生とはどういう機能ですか?
Q5 再生位置を記憶するレジューム機能には対応していますか?
Q6 ABリピート機能はありますか?
Q7 タイムスキップ機能とはどのような機能ですか?
音楽(MUSIC)再生
Q1 サポート形式 (どんな種類の音楽ファイルに対応しているのですか)
Q2 楽曲配信サイトで購入した音楽を再生できますか?
Q3 音楽を記録できる時間(曲数)は?
Q4 曲名やアーティスト名は画面に表示されますか?
Q5 イコライザー・BASS設定はできますか?
Q6 再生位置を記憶するレジューム機能には対応していますか?
パソコン接続
Q1 どのパソコン(OS)に対応していますか?
Q2 パソコンに接続する場合、何か専用のソフトなどは必要ですか?
Q3 Macでも利用可能ですか?
 
   
 
   
 
 
 
 一般情報・機能について | 回答
   
Q1 ICR-PS1000Mの特長を教えてください。
A1
新開発の高性能X-Yステレオマイク搭載
  ICR-PS1000Mでは左右のマイクをX-Y型に配置。これにより、左右の音を広範囲にカバーしながら、正面の音を左右両マイクが同じ位相と感度で捉えるため、中抜けすることなく自然なステレオイメージでの集音が可能になります。
リニアPCM録音&MP3録音対応
  録音フォーマットは、原音を圧縮せず、あるがままを録音する「リニアPCM形式」を採用。透明感に溢れ、臨場感豊かな「原音生録」を可能にします。また、世界で最も広く使われ長時間録音に適した圧縮方式である「MP3形式」にも対応していますので、長時間の高音質録音が目的の場合にも実力を発揮します。
世界最長!電池1本で長時間録音
  新開発のLSI「DIPLYエンジンU」を搭載することで、単3形アルカリ電池1本で世界最長※1の約50時間連続電池駆動を実現しました(ステレオMP3録音時)。消費電流の大きいリニアPCM録音時でも、約22時間30分※2の連続電池駆動が可能です。
録音レベルの自動・手動切替が可能
  録音時の入力レベルは自動(ALC ON)とマニュアル(ALC OFF)に切換可能です。マニュアル選択時には、録音レベルメーターとPEAKランプを使って0〜60段階でお好みの調整が可能です。
microSD/microSDHCカード対応
  携帯電話に搭載されることで急速に需要が拡大している超小型サイズのmicroSDカードに対応。また、長時間録音を可能とする大容量のmicroSDHCカードにも対応しています。
音を美しく録るための先進機能
  ローカットフィルタや録音ピークリミッター機能、録音EQ機能など、これまでのICレコーダーにはなかった数々の機能を多数搭載。高品位な音作りを実現しました。
ごみ箱機能
  消去した音声データをすぐに本体メモリから削除せず、一旦ごみ箱に移動するごみ箱機能を搭載。ごみ箱内の音声データは空(カラ)にするまで保持されますので、パソコンのごみ箱からデータを戻すのと同じ感覚で、誤って消去した音声データの復活が可能です。
充実の付属品
  ステレオイヤホン、USB延長ケーブルに加え、くり返し使える充電池「エネループ」を付属。さらに、ウインドスクリーン(風防)とキャリングポーチも付属しています。
セキュリティ機能を搭載※3
  従来の暗証番号設定に加えて、指紋認証機能を新たに搭載。第三者による本体操作の制限や、パソコンからの閲覧防止を可能にします。
タッチセンサーコントロール
  本体下部にタッチセンサーパネルを搭載。指紋認証センサーだけでなく、直感的な操作を実現するポインティングデバイスとしても使用可能です。

※1 2008年4月18日現在、リニアPCMレコーダーとして(当社調べ)。
※2 リニアPCM録音時の1回(1ファイル)の最大録音時間は約3時間(2GBまで)となります。
※3 本機のセキュリティ機能は本体での再生やパソコンでの閲覧をパスワードによって制限するものであり、暗号化等を行うものではありません。万一パスワードが他人に解かれたり、知られたりした場合、その損害について当社は一切の責任を負いません。
   TOP に戻る
 
Q2 動作環境 (対応パソコン・OSについて教えてください)
A2 Windows® Millennium Edition、Windows® 2000 Professional(サービスパック3以降)、Windows® XP Home Edition/Professional、Windows Vista™ を搭載したパソコンに対応しています。
   TOP に戻る
 
Q3 電池持続時間は?
A3 電池の種類、メーカー、保管状態、使用条件、使用周囲温度によって変わりますので一概には言えませんが、単3電池1本使用で、目安として以下の時間となります。

録音モード
録音時
ヘッドホン再生時
スピーカー再生時
PCM
44.1kHz
アルカリ
電池
約22時間30分
約24時間30分
約19時間30分
エネループ
充電池
約22時間
約23時間
約19時間30分
MP3
64kbps
アルカリ
電池
約50時間
約54時間
約38時間
エネループ
充電池
約40時間
約45時間
約32時間

※当社測定法による実測値であり保証する数値ではありません。
   TOP に戻る
 
Q4 AC電源に対応していますか?
A4 パソコンのUSB端子や別売のACアダプターを使用して、AC駆動および充電が可能です。
   TOP に戻る
 
Q5 充電池は利用できますか?
A5 充電池を使用する場合はニッケル水素充電池をお使いください。なお、ICR-PS1000Mには当社製充電池「エネループ」が1本付属しています。エネループは本機に入れたまま、パソコンや別売のACアダプターに接続して充電することも可能です。また、ICR-PS1000Mでは本体メニューで使用する電池の種類をアルカリ/エネループから選択できますので、使用する電池に対応した最適な環境で動作させることができます。
   TOP に戻る
 
Q6 オキシライド電池は使用できますか?
A6 使用できます。ただし、アルカリ電池使用時とほぼ同等の電池寿命となります。
   TOP に戻る
 
Q7 USB 2.0 HI-SPEED に対応していますか?
A7 対応しています。ICR-PS1000Mでは約1.5MB(メガバイト)/秒の高速転送が可能です。
   TOP に戻る
 
Q8 時計機能はありますか?
A8 あります。時計を設定しておくことで、録音の際に録音日時(年・月・日・時・分)を残すことができます。
   TOP に戻る
 
Q9 ホールド(誤動作防止)機能はついていますか?
A9 録音中または再生中に、スイッチによるON/OFFの切り替えができます。
   TOP に戻る
 
Q10 音声ガイド機能について詳しく教えてください。
A10 ICR-PS1000Mに搭載された音声ガイド機能は、録音データの消去や録音モードの切り替えなどの各種メニューの設定変更を実行した際、操作の完了を音声でお知らせします。これにより、従来機より機能が多彩になったことによる操作の複雑化を感じさせず、操作ミスを軽減する事ができます。(操作の仕方・手順・画面表示などを音声でお伝えするものではありません)。なお、音声ガイド機能はBEEP音や操作音なしに切り替えることもできます。
   TOP に戻る
 
Q11 付属品・別売品について教えてください。
A11 <付属品>
 ●ステレオイヤホン×1
 ●USB延長ケーブル×1
 ●ウインドスクリーン(風防)×1
 ●キャリングポーチ×1
 ●単3形エネループ充電池×1
 ●取扱説明書×1
 ●基本操作ガイド×1


<別売品>
ICレコーダー・アクセサリー紹介ページをご覧ください。
   TOP に戻る
 
Q12 セキュリティ機能について教えてください。
A12 ICR-PS1000Mでは、暗証番号と指紋認証によるセキュリティ機能に対応しています。暗証番号(または指紋)を登録し、microSDカードをロックすることで、第三者の本体操作やパソコンからの閲覧防止を可能にします。また、セキュリティ機能付きのmicroSDカードリーダーライターとしても使用することができます。

※本機のセキュリティ機能は本体での操作やパソコンでの閲覧を暗証番号(または指紋)によって制限するものであり、暗号化等を行うものではありません。万一暗証番号が他人に解かれたり、知られたりした場合、その損害について当社は一切の責任を負いません。
   TOP に戻る
   

 
 録音全般 − 回答
   
Q1 録音方式(どんな種類の音声方式で録音するのですか?)
A1 PCM/MP3形式の録音に対応しています。録音モード(音質)は以下の7モードから選択可能です。

録音モード
録音周波数特性
サンプリング周波数/ビットレート
PCM 48kHz
40〜23,000Hz
48kHz(16bit)/1536kbps
PCM 44.1kHz
40〜21,000Hz
44.1kHz(16bit)/1411kbps
MP3 320kbps
40〜20,000Hz
44.1kHz(16bit)/320kbps
MP3 192kbps
40〜20,000Hz
44.1kHz(16bit)/192kbps
MP3 128kbps
40〜15,000Hz
44.1kHz(16bit)/128kbps
MP3 64kbps
40〜7,500Hz
22.05kHz(16bit)/64kbps
MP3 32kbps
40〜6,500Hz
16kHz(16bit)/32kbps

※外部入力端子(マイク入力設定)より録音/再生時
※内蔵ステレオマイク録音時の周波数特性は、60〜20,000Hzとなります。ただし、MP3 128kbps、mp3 64kbps、mp3 32kbpsで録音時は、上記の各録音モードの周波数範囲に準じます。
   TOP に戻る
 
Q2 録音可能なフォルダ・ファイル数は?
A2 本機には音声録音用にA,B,C,Dの4フォルダ、ライン入力用にLフォルダがあらかじめ用意されており、各フォルダにはそれぞれ最大199ファイル録音可能です。
   TOP に戻る
 
Q3 音声を記録できる時間を教えてください。
A3 録音モードによって、以下の記録時間となります(microSDカードがフルになるまで同じ録音モードで録音した場合)。

録音モード
microSDカード/microSDHCカード(別売)
512MB
1GB
2GB
4GB
PCM 48kHz
約40分
約1時間20分
約2時間50分
約5時間40分
PCM 44.1kHz
約45分
約1時間30分
約3時間5分
約6時間15分
MP3 320kbps
約3時間30分
約7時間
約13時間50分
約27時間50分
MP3 192kbps
約5時間50分
約11時間50分
約23時間10分
約46時間30分
MP3 128kbps
約8時間50分
約17時間50分
約34時間50分
約69時間50分
MP3 64kbps
約17時間40分
約35時間40分
約69時間50分
約139時間40分
MP3 32kbps
約35時間30分
約71時間20分
約139時間40分
約279時間30分

※内蔵メモリがフルになるまで同じ録音モードで録音した場合。
※ファイルが複数ある場合は、上記の時間よりも短くなります。
※本表記の録音時間は目安です。カードのメーカー、仕様により変わることがあります。
※1ファイルあたりの最長録音時間(連続録音時間)は2GBまでです。ただし、電池持続時間を超えて録音することはできません。
※Lフォルダへの録音(ライン入力録音)は、自動的にMP3 192kbpsモードとなります。
   TOP に戻る
 
Q4 外部マイクは使用できますか?
A4 使用できます。弊社からの別売品については、ICレコーダー・アクセサリー紹介ページをご覧ください。他社製の外部マイクを使用する場合、プラグインパワー方式の外部マイクをご使用ください*。

※すべての他社製外部マイクの動作を保障するものではありません。店頭などで購入される場合は、試し録音されることをご推奨します。
   TOP に戻る
 
Q5 予約録音はできますか?
A5 『録音開始時刻(時/分)』と、『録音時間(30分/1時間/2時間/残りメモリ容量すべて、から選択)』を設定することができます。

※ICR-PS1000Mでは一回の予約につき一回だけ録音を行います。毎日決まった時間に録音する場合などは、その度に予約設定を行う必要があります。なお、外部入力録音(ライン入力設定)時は、タイマー録音できません。
   TOP に戻る
 
Q6 録音中の音を聞くことはできますか?
A6 録音中にヘッドホンを本体のヘッドホン端子(形状:ステレオミニプラグ、3.5mφ)に接続すると、録音中の音声を聞く事ができます。なお、この時本体のボリュームボタン(+・−キー)を押す事でモニタ音量を変更する事ができます。
   TOP に戻る
 
Q7 マイク感度(録音レベル)は変更できますか?
A7 録音の入力レベル調整は、自動(ALC ON)とマニュアル(ALC OFF)に切換可能です。ALC ON時には、口述録音などに適した「低感度」、会議や講義などに適した「高感度」の2段階にマイク感度を切換可能です。
また、マイクALC OFF時には、録音レベルメーターとPEAKランプを使って0〜60段階のきめ細かな調整ができます。
   TOP に戻る
 
Q8 録音レベルメーターは表示されますか?
A8 録音の入力レベル調整を「手動(ALC OFF)」に設定した場合に表示されます。レベルメーターは録音スタンバイ時および録音中に表示されますので、お好みの設定が可能です。また、ピーク時(入力レベルが大きすぎて音割れしてしまう状態)にはレベルメーターだけでなく、PEAKランプが点滅してお知らせします。

※PEAKランプは録音LEDがオンの場合のみ。オフの場合は点灯しません。
   TOP に戻る
 
Q9 録音日時は残りますか?
A9 時刻設定をしておけば、録音日時(年・月・日・時・分)を残すことができます。
   TOP に戻る
 
Q10 外部機器と接続して録音するダイレクトエンコーディングはできますか?
A10 ICR-PS1000Mの外部入力端子は、メニュー設定を行うことでマイク入力⇔ライン入力の切り替えができます。ダイレクトエンコーディングを行う場合はライン入力に設定し、抵抗なしのオーディオケーブル(市販品)でコンポやラジカセのヘッドホン端子と接続して録音を行います。なお、録音されるファイルの形式はMP3・192kbps(XHQモード)となります。
   TOP に戻る
 
Q11 ダイレクトエンコーディングの際、自動分割機能はありますか?
A11 あります。無音部分の時間が2秒以上経過するごとに自動で分割を行いながら録音を行います。

※カセットテープやラジオ、ライブCDなど、2秒以上の無音が検知できないものは自動分割できません。録音終了後、手動で分割してください。
   TOP に戻る
 
Q12 リニアPCM録音とMP3録音の違いを教えてください。
A12 オーディオCDで用いられる音声データ形式を「リニアPCM形式」と言います。リニアとは非圧縮を意味し、アナログ音声をそのままデジタルの信号に置き換えて保存します。一般のICレコーダーで使われている音声データ(MP3やWMA、その他の独自形式など)は元の音声を圧縮していますが、リニアPCM録音ではまったく加工されていない本来の音とも言える「原音」を残すことができます。ただし、リニアPCM録音された音声はまったく圧縮されていないために非常に大きな容量となり、長時間の会議や講義などの録音には向いていません。こういった場合はMP3などの圧縮音声のほうが適した録音が行えます。MP3形式では人の感じ取りにくい部分のデータを間引くことで、音質の劣化を抑えながら容量を圧縮して保存するので、長時間の録音を高音質に残すことが出来ます。
   TOP に戻る
 
Q13 ローカットフィルター機能はありますか?
A13 あります。400Hz付近以下の低い周波数の音を減衰させ、空調設備や野外での風切音などによるノイズを低減します。
   TOP に戻る
 
Q14 録音ピークリミッターには対応していますか?
A14 対応しています。突然の過大入力時に音の歪みを抑えて録音します。
   TOP に戻る
 
Q15 セルフタイマー録音はどのような機能ですか?
A15 録音ボタンを押した後、設定した秒数が経過してから録音を開始します。録音開始時の操作音を解消すると同時に、準備が必要な楽器演奏録音などで便利に使えます。セルフタイマー設定は5秒、10秒、30秒から選択することができます。
   TOP に戻る
 
Q16 録音EQとはどのような機能ですか?
A16 録音入力レベルを周波数帯域ごとに調整可能な機能です。あらかじめ用意された「RECOMMEND」「FLAT」「SUPER BASS」「BASS」「MIDDLE」、「BASS&TREBLE」、「TREBLE」、「SUPER TREBLE」の8つのプリセットと、5つの周波数帯域の入力レベルをお好みの範囲で調整できる「USER」から選択できます。
   
RECOMMEND : 内蔵マイク録音時の推奨設定。
FLAT : 録音イコライザーを使わずに録音。
SUPER BASS : 低音域をより強調して録音。
BASS : 低音域をやや強調して録音。
MIDDLE : 中音域を強調して録音。
BASS&TREBLE : 低音と高音を強調して録音。
TREBLE : 高音域をやや強調して録音。
SUPER TREBLE : 高音域をより強調して録音。
USER : 5つの周波数域の入力レベルをお好みで調整して録音。
   TOP に戻る
   

 
 再生全般 − 回答
 音声(VOICE)再生
   
Q1 再生速度は変更できますか?
A1 再生速度の多段階調節が可能です。当社独自のアルゴリズムにより、自然な音程のまま50%〜200%まで、21段階の再生速度コントロールができます(MP3再生時)。
   TOP に戻る
 
Q2 少し前再生機能はありますか?
A2 再生中のファイルを設定した秒数だけ戻して再生する「センテンス再生機能」を搭載しています。戻る秒数は5、10、15秒から選択できます。
   TOP に戻る
 
Q3 インデックスサーチ機能はありますか?
A3 録音中/または再生中にインデックスマークをつけることで、一つのファイル内で目的の場所をすぐに頭出しできます。インデックスマークは消去して、つけなおすこともできます。
   TOP に戻る
 
Q4 クリアボイス再生とはどういう機能ですか?
A4 音声のノイズ部分の音量を低減し、音声部分の音量を大きくすることで、より聞き取りやすい再生を行います。
   TOP に戻る
 
Q5 再生を停止した位置を記憶するレジューム機能はありますか?
A5 あります。ICR-PS1000Mでは再生を停止した位置を覚えていますので、電源オフ後に再度電源をオンにした場合でも、前回再生していた場所から再生することができます。

※パソコンに接続するとレジュームは消去されます。
   TOP に戻る
 
Q6 ABリピート機能はありますか?
A6 あります。
   TOP に戻る
 
Q7 タイムスキップ機能とはどのような機能ですか?
A7

再生中のファイルをあらかじめ設定した時間だけスキップして再生します。再生位置をすばやく移動することができるので、目的の場所を探しやすくなります。タイムスキップする間隔は30秒、1分、10分、30分の4段階から設定できます。

   TOP に戻る
 
 音楽(MUSIC)再生
   
Q1 サポート形式 (どんな種類の音楽ファイルに対応しているのですか)
A1 以下の音声方式に対応しています。

●再生フォーマット:WMA・MP3(MPEG1 Audio Layer-3、MPEG2 Audio Layer-3、MPEG2.5 Audio Layer-3)
●再生対応ビットレート:WMA(32〜160bps)、MP3(16〜192kbps)
●サンプリング周波数:16〜44.1kHz
   TOP に戻る
 
Q2 楽曲配信サイトで購入した音楽を再生できますか?
A2

ICR-PS1000Mは、「PDDRM」という著作権保護に対応しています。各種楽曲配信サービスをご利用になる場合は、以下の点についてご注意ください。

●楽曲の方式(WMA方式であることを確認してください。AACやAtrack3形式の楽曲は再生できません)
●著作権保護の方式(PDDRMに対応。DRM10には対応していません

   TOP に戻る
 
Q3 音楽を記録できる時間(曲数)は?
A3 音楽の収録可能時間(曲数)はmicroSDカードの容量によって以下のようになります。

録音モード
microSDカード/microSDHCカード(別売)
512MB
1GB
2GB
4GB
MP3 128kbps
(1曲4分の場合)
約125曲
(約8時間)
約250曲
(約16時間)
約500曲
(約32時間)
約1000曲
(約64時間)
WMA 64kbps
(1曲4分の場合)
約250曲
(約16時間)
約500曲
(約32時間)
約1000曲
(約64時間)
約2000曲
(約128時間)
   TOP に戻る
 
Q4 曲名やアーティスト名は画面に表示されますか?
A4 日本語漢字表示に対応していますので、液晶画面には曲名やアーティスト名が表示されます。

※パソコンを使用して楽曲情報を作成および取得し、転送した場合のみ有効です。
   TOP に戻る
 
Q5 イコライザーやBASS設定はできますか?
A5 FLAT/POP/ROCK/JAZZ/BASS1/BASS2/USERのプリセットイコライザーに対応しています。USER選択時は、5つの周波数帯域の入力レベルをお好みの範囲で調整できます。
   TOP に戻る
 
Q6 再生を停止した位置を記憶するレジューム機能はありますか?
A6 あります。ICR-PS1000Mでは再生を停止した位置を覚えていますので、電源オフ後に再度電源をオンにした場合でも、前回再生していた場所から再生することができます。

※パソコンに接続するとレジュームは消去されます。
   TOP に戻る
   

 
 パソコン接続 − 回答
   
Q1 どのパソコン(OS)に対応していますか?
A1 Windows® Millennium Edition、Windows® 2000 Professional(サービスパック3以降)、Windows® XP Home Edition/Professional、Windows Vista™ を搭載したパソコンに対応しています。
   TOP に戻る
 
Q2 パソコンに接続する場合、何か専用のソフトなどは必要ですか?
A2 ICR-PS1000Mではパソコン接続用に特別なキットは必要ありません。付属のUSBケーブルを使用し、パソコンに接続可能です。また、USBマスストレージクラスに対応していますので、USBドライバなしでパソコンに認識され、Windowsのエクスプローラなどでカンタンにデータのやり取りが可能です。
また、録音形式にWAV/MP3フォーマットを採用していますので、録音したデータは専用のソフトウェアをわざわざインストールしなくてもWindows Media® Playerなどでカンタンに再生できます。Eメールに添付して送っても相手先のパソコンでもカンタンに再生ができます。

※E-Mailに添付できる容量、および受信可能な容量は、お使いのインターネット接続環境によって変わります。
   TOP に戻る
 
Q3 Macでも利用可能ですか?
A3 ICR-PS1000MはMacパソコン非対応です。
   TOP に戻る
   
 

このページの上へ
サイトマップ