サイトマップ
 
  HOME > サポート > デジタルボイスレコーダー > よくあるご質問TOP
   
  プレイリストファイルを作成して、お好みの曲順で音楽ファイルを再生する
 

概要

パソコンでM3U形式のプレイリストファイルを作成し、お好みの曲順で曲を再生する方法について説明します。

対象機種
ICR-S280RM / ICR-S278RM / ICR-S277RM / ICR-S340RM / ICR-S310RM / ICR-S300RM/ ICR-S270RM / ICR-S260RM
ICR-S250RM / ICR-S240RM / ICR-S290RM / ICR-S178M / ICR-S177M / ICR-S170M / ICR-RS175M

注意
プレイリストで再生順を指定できるのは、各ボイスレコーダーの音楽用フォルダ内のファイルのみです。
  お使いの機種によって、ボイスレコーダーの音楽用フォルダの名称が異なります(MUSIC、MUSIC_IC、MUSIC_SDなど)が、ここでは『MUSICフォルダ』に統一して表記します。
本ページの作業では、すでにボイスレコーダーの音楽用フォルダ(MUSICフォルダ)に再生可能な音楽ファイルが転送されていることを想定して説明しています。あらかじめこちらの基本操作ガイドなどをご参考に、ボイスレコーダーに音楽ファイルを転送しておいてください。

操作手順


1. お使いのパソコンに付属の文章ソフトを起動する。
 

ここではWindowsに標準でインストールされている [ メモ帳 ] を使用します。[ スタート ] メニューから [ すべてのプログラム ] - [ アクセサリ ] - [ メモ帳 ] をクリックして、『メモ帳』を起動します。
*上記の場所にない場合
[ スタート ] メニューから [ ファイル名を指定して実行 ] をクリックし、名前の欄に 『notepad』 (半角入力、『』は省略) と入力して [ OK ] をクリックします。

 
■ メモ帳 起動画面
2. [ MUSIC ] フォルダ内のファイル名を、再生したい順番で入力する。
  例えば、下図のようにMUSICフォルダの中に
 「SANYOアーティスト」フォルダ⇒「SANYOアルバム」フォルダ⇒音楽ファイル
の構成で曲が転送されている場合、
 
  プレイリストに記載するファイル名は、下図のように
  ドライブ名(F:)\フォルダ名\ファイル名
の順に入力してください。
 
 
ドライブ名には任意のアルファベットを一文字入力してください。特に指定はありませんので、上記のとおり“F:”を入力しても問題ありません。
フォルダ名やファイル名は間違いのないよう入力してください。入力した内容に誤りがあると、ボイスレコーダーでファイルが再生できなくなります。
パス名(ドライブ名+フォルダ名+ファイル名の合計文字数)が長すぎると、再生できない場合があります。目安として、半角200文字以内としてください。
ICR-S290RM/ICR-178M/ICR-S177M/ICR-S170Mをお使いの場合、MUSIC_ICフォルダ内にサブフォルダを作成し、その中に音楽ファイルを転送した場合は再生できません。音楽ファイルはMUSIC_ICフォルダの直下に転送してください。
3. プレイリストファイルを保存する。
 
(1) [ ファイル ] - [ 名前をつけて保存 ] を選択して、ファイル名を “○○○.m3u” (“”は省く)として保存します。保存場所は、デスクトップなどのわかりやすい場所を推奨します。
ICR-S290RM/S178M/S177M/S170M/RS175Mをお使いの場合は、“PLAYLIST.m3u”と入力して保存してください。それ以外の名前をつけた場合、プレイリスト再生ができなくなります。
4. 保存したプレイリストファイルをボイスレコーダーの音楽用フォルダ(MUSICフォルダ)転送する。
  手順3で名前をつけて保存したプレイリストファイルを、エクスプローラなどでボイスレコーダーの音楽用フォルダ(MUSICフォルダ)に転送してください。
  以上で、プレイリストファイルの作成・転送は完了です。お使いの機種の取扱説明書を参考にプレイリストファイルを選択することで、入力した内容通りに再生されます。
 

このページの上へ
サイトマップ