サイトマップ
 
  HOME > 商品情報 > リニアPCMレコーダー > ICR-PS1000M
 
リニアPCMレコーダー

※本商品は生産終了商品です。情報が古かったり、リンク切れが発生している場合がございます。ご了承ください。

ICレコーダー
 
ICR-PS603RM
ICR-PS503RM
ICR-PS501RM
ICR-PS390RM
ICR-PS185RM
ICR-S003M
ICR-B001M
リニアPCMレコーダー
 
ICR-PS1000M
ポータブルラジオレコーダー
 
ICR-RS110MF
ICR-RS110M
アクセサリー
生産終了品

サポート情報
ソフトウェアダウンロード
カタログダウンロード
取扱説明書ダウンロード
 
製品トップ 製品特長 主な仕様 仕様/機能を比較する

奥行きや定位感に優れた自然なステレオ録音が可能
「X-Y型指向性ステレオマイク」

 
一般的な指向性ステレオマイクの場合、左右のステレオ感が強調される反面、正面方向の感度が低下するため、奥行きや定位感が不自然になるという問題があります。
こうした問題に対応するため、ICR-PS1000Mでは左右のマイクをX-Y型に配置。これにより、左右の音を広範囲にカバーしながら、正面の音を左右両マイクが同じ位相と感度で捉えるため、中抜けすることなく自然なステレオイメージでの集音が可能になります。
●内蔵マイク集音イメージ



高音質・高精細な録音を実現する
大口径・高感度内蔵マイク

 
X-Y型指向性ステレオマイクの特性を限界まで引き出すために、マイク本体の設計にもこだわりました。マイクメーカーとの共同開発により、各部品の素材選びから見直しを行い、取り付け位置の最適化など数々の検証を実施。その結果、高い集音声とクリアな音質を実現する、大口径・高感度のX-Y型指向性ステレオマイクを完成させました。
 
●マイク分解図  
@G筐体の機密を確保
AFマイクユニットを保護
BE風切り音を抑制
C振動ノイズを抑制
D高音質指向性マイク


▲マイク部を保護するアルミダイキャストマイクガード
   
  ●内蔵マイク周波数特性  ●内蔵マイク指向性
 



用途に合わせて選べるデュアル録音
原音生録「リニアPCM」&長時間「MP3録音」

  録音フォーマットは、原音を圧縮せず、あるがままを録音する「リニアPCM形式」を採用。透明感に溢れ、臨場感豊かな「原音生録」を可能にします。リニアPCM録音は、オーディオCDレベルの「16bit、44.1kHz、最高21,000Hz」と、DVDビデオレベルの「16bit、48kHz、最高23,000Hz」の2つのモードを搭載。どちらも、Windowsパソコンに標準搭載された音声再生ソフト「Windows Media® Player」に対応した形式なので、特別なソフトを使用しなくても簡単に再生やオリジナルCD作成が可能です。
また、世界で最も広く使われ長時間録音に適した圧縮方式である「MP3形式」にも対応。「320kbps、最高20,000Hz」という高音質モードを搭載し、長時間の高音質録音が目的の場合などに最適です。
   
  ●リニアPCM録音とステレオMP3録音
 



音楽を美しく録るための先進機能
「マニュアルレベル調整」&「録音ピークリミッター」

 
録音レベルメーターとPEAKランプを使って、録音レベルのマニュアル調整が可能です。60段階のきめ細かなレベル調整に対応していますので、微妙なレベル合わせも思いのまま行えます。
操作は中央の十字ボタンで行えるほか、タッチコントロールパネルでの調整も可能なため、録音中の操作音を極力抑えながら調整することもできます。
また、録音ピークリミッター機能を搭載していますので、突然の過大入力時にも音の歪みを抑えて録音できます。
 
▲PEAKランプと録音レベルメーター表示
▲タッチコントロールで録音レベルの調整が可能



プロのサウンドチューニングで高品位な音作りを実現
「録音イコライザー」&「ローカットフィルター」

 
世界最大の楽器メーカーであるヤマハ株式会社とのコラボレーションを実現。録音入力レベルを周波数帯域ごとに調整可能な5Bandグラフィックイコライザー(録音イコライザー)機能、録音時に低周波数成分を自動で低減するプログラマブルADCハイパスフィルター(ローカットフィルター)機能など、同社の持つ音楽録音のノウハウを活かしたサウンドチューニング技術の導入により、さらなる高音質録音を可能にしました。
シーンに合わせた最適な録音を実現する録音イコライザー
 
録音イコライザーはあらかじめ用意された「RECOMMEND」「FLAT」「SUPER BASS」「BASS」「MIDDLE」、「BASS&TREBLE」、「TREBLE」、「SUPER TREBLE」の8つのプリセットと、5つの周波数帯域の入力レベルをお好みの範囲で調整できる「USER」から選択できます。ヘッドホンで録音状態を聴きながら「録音イコライザー」を選択できるので、録音シーンに合わせたダイレクトな調整が可能です。
   
RECOMMEND : 内蔵マイク録音時の推奨設定。
FLAT : 録音イコライザーを使わずに録音。
SUPER BASS : 低音域をより強調して録音。
BASS : 低音域をやや強調して録音。
MIDDLE : 中音域を強調して録音。
BASS&TREBLE : 低音と高音を強調して録音。
TREBLE : 高音域をやや強調して録音。
SUPER TREBLE : 高音域をより強調して録音。
USER : 5つの周波数域の入力レベルをお好みで調整して録音。
▲録音イコライザー設定画面
耳障りな風切り音や空調の音を低減するローカットフィルター
 
録音時に400Hz付近以下の低い周波数の音を減衰させ、クリアな音を録音します。会議録音で気になる空調設備の音や、屋外での風切音を低減したい時などに効果的です。録りたい音に合わせてON/OFF切り換えることで、さらにハイクオリティな録音品質を実現します。



ウィンドスクリーン付属

 
風切音によるノイズを防止する専用ウィンドスクリーンを付属。屋外で風が強い時などの録音で効果があります。


 

このページの上へ
サイトマップ